2006年11月23日

照明の光で無線ネット・5年内メド実用化


 通信の手段に新しい媒体が誕生しそうです。
今回は、照明器具の光を人間の目では気にならない早さで点滅させ通信を行うという方式のようです。

日本経済新聞(2006.11.22、夕刊)には

■照明の光で無線ネット。総務省、来秋に実証実験

 総務省はNTTの研究所や沖電気工業、NECなどと共同で、照明器具の光を無線電波のように利用する「可視光通信」の開発に着手する。光の届く範囲にパソコンを置けば、配線コードがなくても高速インターネットが楽しめるようになる。世界で初の試みで、次世代ブロードバンド(高速大容量)技術として普及させる方針。5年以内の実用化を目指す。

 「可視光通信」は蛍光灯から発する光や、表示灯に使われる発光ダイオードを目に見えない速さで点滅させて情報を送る仕組み。電源コンセントに差し込んで高速インターネットを利用できる電力線通信(PLC)に照明器具をつないで接続できるようにする。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:09| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。