2006年11月20日

ミクシィ・楽天などプライバシー保護競う


 web2.0という言葉が一般化し、ブログやSNSなど双方向のコミュニケーションがその存在を大きくしているように思います。

 このような中で、広く発信するのではなく、コミュニケーションする相手を限定し、仲間限定で盛り上がれるなど多様なサービスが誕生し出したようです。

 日本経済新聞(2006.11.20,11面)には

■ミクシィ・楽天などネット各社、プライバシー保護競う

 プライバシーの保護に配慮したネットサービスが増えてきた。書いた内容や写真を家族や友達限定で公開できるブログや、住所や口座番号などを知らせずに売買できるオークションサービスが登場している。

ネットを通じて個人情報が漏れる懸念に対応し、各社がサービスを開発した。不安を取り除いて利用を増やす狙いだ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。