2006年11月17日

インターネット広告に変化


 年々、ネット広告の取扱額が増加しているとのことですが、ネット広告の方法に大きな変化が出てきているようです。

 ホームページに貼り付けたバナー広告と呼ばれる形から、より対象者を絞った広告スタイルへとシフトをしているようです。

 日本経済新聞(2006.11.17、13面)には

■ネット広告に明暗・費用対効果で選別の動き

 急成長を続けてきたインターネット広告会社の業績が減速し始めた。消費者金融会社の出稿抑制が響いているほか、大手サイトのバナー(帯状)広告では特定の顧客層への効果的な働きかけを目指す広告主の要求に応え切れなくなっているためだ。半面、広告配信先を特定利用者に絞る広告会社は業績を伸ばしている。

 電通系のサイバー・コミュニケーションズ(CCI)の2007年3月期連結経常利益は前期比1%増の17億5000万円にとどまりそうだ。前期まで2期連続で80%超の経常増益率だったが、今期は期初時点の予想を5億5000万円下回り、足踏み状態となる。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:39| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。