2006年11月11日

来年5月には無線LANの通信速度10倍に


 光ケーブルでのインターネット利用が急速に普及しているようですが、山間部などの過疎地への普及は難しいといえます。そこで、現在の無線LANの通信速度を一挙に10倍程度にできる方式を採用し、来年から環境整備を始めるとのことです。

 政府は電子申請などインターネットによる行政サービスの推進を目指していますので、その意味でも国内何処にいても高速でインターネットが利用できる必要があるといえます。

 日本経済新聞(2006.11.11、5面)には

■無線LANの通信速度10倍に、総務省07年5月から

 総務省はパソコンを配線コードでつながなくてもインターネットに接続できる無線LANの通信速度を10倍以上に高め、光ファイバー並みにするサービスを解禁する。省令を改正し、2007年5 月から実施する方針。自宅や喫茶店、駅構内などで高画質なハイビジョン画像を簡単にやりとりできるようになる。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。