2006年11月02日

情報技術者、技能レベルも判定


 世の中の仕組みにITが何らかの形で関わるようになってきたといます。
つまりあらゆる仕組みがIT無しには成り立たないようになってきているのです。

 会社の業務でのIT活用は勿論ですが、機械や自動車、電気製品なども多機能化や機能の高度化から組み込みソフトという形でITが関わっています。

 こう考えると、IT需要が益々膨らんで仕事場所は増えているのですが、一方でIT技術者が不足するという問題が発生しています。日本におけるIT技術者は、体系的な教育が十分なされてこなかったこともあり、属人的な仕事の進め方をしているように思われます。その結果、コスト面や技術力などからソフトウェアの製造が中国やインドといったように海外に流れています。また、日本のIT技術者の労働環境は、人を育てるというよりも、納期に追われて残業や徹夜は当たり前、褒められることよりトラブルで顧客や上司に叱られるという悲惨な状況にあるようです。

 こんな流れもあり、若者のIT技術者離れが起きてきているように思います。
現実問題として経産省の情報処理技術者試験の受験者数がここ2,3年、年々減少するという形でその影響が現れています。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。