2006年10月31日

米での新聞発行部数の減少


 よく考えてみると、速報的なニュースは携帯から入手していることが多くなってきているように感じます。

 新聞は、朝の習慣として読まないと何となく落ち着かない気がしています。
私の場合、新聞は通勤途中で興味のある記事をじっくり読むことが多いように思います。
 つまり、ヘッドライン的な情報は携帯から入手し、もう少し詳しく知りたい情報や特集記事などは新聞から得ているように思います。

 アメリカでは、新聞の発行部数が減少し、ネットでニュース記事を読む人が増加しているとのことです。

 日本経済新聞(2006.10.31、夕刊、3面)には、

■米で新聞発行部数の減少続く、ネット閲覧者は増加

 米国内で新聞発行部数の減少が続いている。業界団体が30日に発表した最新調査によると、4―9月の平均発行部数は前年同期比2.8%減と過去10年で最大の落ち込みになった。一方、7―9月期の新聞社のインターネットサイト閲覧者数は同24%増えた。ネットの収益力は新聞よりも低く、米の新聞業界では会社売却の話題が相次いでいる。

 新聞770紙が新聞雑誌部数公査機構(ABC)に届け出た平日版の発行部数を業界団体の米国新聞協会が集計して公表した。平均発行部数は4374万部。前年同期比減少率は2005年4―9月期に記録した2.6%を上回った。619紙が対象の日曜版は同3.4%減の4756万部。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:31| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。