2006年10月29日

ブロードバンドの新たな悩み


 今や日本のブロードバンド回線の利用コストは世界中で一番安いといわれています。
また、昨今の映像配信サイトの増加や、YouTube、ブログでも動画の投稿ができるなど動画の利用が、ブロードバンドの普及に合わせるかのように増加しているようです。

 その結果、動画サイトなどに、自前での設備を用意しないでネットに負荷を掛けるということで「ネットただ乗り論」が浮上したりしています。

 このような流れが、今後更に加速すると予想されることから、費用負担ルールを決めておこうと総務省は考えているようです。

 日本経済新聞(2006.10.29、1面)には

■高速ネット、映像配信業者に応分の資金負担・総務省検討
 総務省は高速インターネット利用の資金負担について、通信業界などと共同で新たなルール作りの検討を始める。データ量が多い映像をネットで配信するサービスが普及し、通信網の一部で速度が遅くなる“渋滞現象”が起き始めている。このため回線拡充の投資が必要になっており、動画配信業者に資金負担を求める案を軸に検討する。利用の多いユーザーに負担を求めることも検討する見通しだ。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。