2006年10月25日

電子申請の利用率、0.94%どまり


 e−Japan戦略を受けて、今年の1月に策定された「IT新改革戦略」では、電子申請の利用率を50%にまで高めるとその目標が定められていますが、その道はとても厳しいようです。

 NIKKEI NETのサイトを見たら、トップ記事がこの電子申請の普及率の話題でした。
以下、その内容は、

■電子申請の利用率、0.94%どまり・04年度

 インターネットなどで国の各省庁へ申請・届け出手続きをする「電子申請」の2004年度の利用率が0.94%にとどまっていたことが25日、会計検査院の調べでわかった。検査院は「国民のニーズを把握し、利用促進を図る必要がある」と指摘した。

 検査院によると、04年度末現在、厚生労働省の社会保険関係の申請システムなど「汎用システム」は16省庁で16システム(手続き数は1万2799)、国税庁の電子申告・納税システム(e―Tax)など「専用システム」は12省庁で25システム(同1426)。整備運用費は03、04両年度で約329億円に上る。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:01| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 行政サービスの電子化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。