2006年10月23日

ソフト開発インドも拠点

 業務システムの高度化、機械や電気製品の高機能化と製品ライフサイクルの短命化などでソフト需要が高まりつつある一方で、これらのシステム作りを担う人材が増えるというより、減少傾向にあり益々システム技術者が不足している状況にあります。

 価格競争なども激しいことから中国にその活路を見つけたシステムベンダーが多くいます。しかし中国だけに頼ることのリスクなどもあり、インドでのシステム開発要員の確保強化に各社が動き出したようです。

日本経済新聞(2006.10.23、1面)には

■インドをソフト開発拠点に、富士通や日立など情報各社

 情報各社がインドでソフトウエアの開発委託(オフショアリング)を本格化する。富士通は2009年度までに現地で2000人の技術者を雇用。日立製作所も今年度中に開発者を15%増やす。インドは米企業による開発委託が進み「世界のソフト開発拠点」になりつつある。日本勢は低コストの中国に開発を委託してきたが、国内の技術者不足が依然深刻。少子化に備えながら中国偏重リスクを軽減するため日中インドの三極分業に踏み出す。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。