2006年10月18日

ネットと文明:第7部「覇権」の功罪


今日(2006.10.18)から、日本経済新聞の朝刊で「ネットと文明」の特集記事がスタートしました。

今回のテーマは、巨大になったネットビジネスが社会に及ぼす功罪を取り上げるとのことです。

 今日はグーグルについて少し触れられており、グーグルのアドワーズ広告(検索連動型広告)に登録するための費用は、競売で価格が決まるそうです。
そのため広告効果の大きいキーワードほどクリックあたりの単価が高くなる仕組みになっているようです。ちなみに「データ復旧」というキーワードは2407円とのことです。
確かに「データ復旧」というキーワードを利用するときは、困っているとき以外はあまり検索に使わないといえるので、検索したときは広告をヒットする可能性が高いといえそうです。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。