2006年10月16日

[ 「iTV」家庭娯楽の軸に

 日本経済新聞(2006.10.16、11面)に米アップルのフィリップ・シラー上級副社長のインタビュー記事がありました。

 記事のポイントは

音楽やラジオ番組に加え、映画やゲームのネットでの配信を加えるなど、家庭内娯楽のソフトとハードの総合企業に脱皮しようとしている米アップルコンピュータは、9月にパソコンに蓄積した映画をハイビジョン対応テレビに無線LANで転送する「iTV」を発表、来年発売する。

 この「iTV」サービスの狙いは、映画は書斎のパソコンの小さな画面より、居間の大画面で見たいというニーズに応えるとのこと。映画以外に写真と音楽を組み合わせたスライドショーなどもテレビで楽しめるそうだ。

 テレビの役割は、パソコン内のコンテンツの表示装置としての役割が加わる。ただアップルは放送を受信するテレビ本来の機能とは競合するつもりはない。あくまでも家庭の中でパソコンとテレビを連動させる装置を開発した。

とのことです。

 続きを読む


ラベル:ネット社会 iTV
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。