2006年10月06日

これってネット社会のリスク?


 今日(2006.10.6)のNIKKEI NETにシャレにならない記事がありました。
MDCというインターネットプロバイダーが突然いなくなったそうです。

 HPがアクセスできなくなったりメールが使えずで仕事に支障が出ている人もいるようです。
ネット関連のサービスを選択する場合、サービス業者の経営安定度も重要な評価ポイントといえそうですね。

■ネットが突然つながらない――ISPが夜逃げか、ユーザーが大混乱

 「数日前からメールもページもつながらない」「電話不通で連絡不能」「夜逃げ?」。9月中旬ごろからネットの掲示板に書き込みが相次いでいる。掲示板の情報を見る限りでは、こうした被害に遭っているのは「bremen.or.jp」「angel.ne.jp」「canal.ne.jp」という3つのドメイン名を管理するISPのエム・デー・シーと契約していた利用者のようだ。

 この3つのドメイン名では利用者が設置したホームページも閲覧できなくなり、メールも受け取れない状況が続いているという。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:55| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。