2006年09月29日

中国IT大手、相次いで日本に上陸


 中国のソフト開発会社は、今まで日本のソフトベンダーの開発業務を請け負うソフト開発工場的な機能を果たしているとばかり思っていたら、ついに日本でソフトビジネスを始めるようになるようです。

 日本は、どちらかというと個人の技術スキルに依存する形でソフト開発を進めるのに対して、ソフトウェアでは新興である彼らほどソフトウェアエンジニアリングをきっちりと身に付けていると思われるので、意外に日本にとっては脅威かもしれない。

日本経済新聞(2006.09.28、夕刊)には

■中国IT大手、相次いで日本に上陸

 中国のIT(情報技術)企業が相次いで日本へ進出し始めた。ソフト開発大手が日本語版ソフトウエアを発売、通信機器や半導体でも参入が相次いでいる。日本企業からの受託開発などを通じて蓄積したノウハウを利用、低価格を武器にシェア獲得を狙う。日本のIT企業が受託開発や販売の相手として進出してきた中国からの「逆上陸」で高付加価値の商品分野でも日中企業の競争が激化しそうだ。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:42| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。