2006年09月27日

電子決済の共用読み取り端末を開発

 Edyやsuicaといった少額決済用のプリペイド方式の電子マネーや、iD、スマートプラス、クイックペイといった後払い方式の電子クレジットカードがあり、これらの機能が携帯電話で利用できることもあり急速に普及を始めています。

 しかし、これらの電子決済サービスは、名前が違うと情報の持ち方が異なるためそれぞれの形式に応じた端末装置で扱う必要があります。

 つまり、お店にすればいくつも端末をおけないからどれかを選択するか、もしくはなりふり構わず規格に合わせた端末を複数台設置するかという問題が発生しますし、

 利用者から見れば、自分が契約している電子マネーがお店によっては利用できないという不便が起きることになります。

 今回、NECが開発した端末は1台でこれら代表的な電子マネーが扱えるので、お店にとっても利用者にとってもありがたい機能を提供してくれることになります。

 ICカードインタフェースがいずれのサービスでもフェリカというソニーが定めた規格を利用していたことが、共用端末の出現を容易にしたといえます。

以下、記事(日本経済新聞、2006.9.27、13面)の概要です。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:11| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。