2006年09月13日

携帯で入退室管理


 電子マネーやクレジットが利用できる「おサイフケータイ」機能付きの携帯電話に搭載されているICチップが、いろいろなサービスに活用されだしたようです。

今回は、社員証代わりに利用し入退室時の認証カードとして活用できる仕組みが開発されました。

■携帯で入退室管理、大日本印刷などソフト開発(日本経済新聞、2006.9.13、3面)

 大日本印刷や富士ゼロックスなどは携帯電話でオフィスの入退室管理、自宅の鍵の開け閉めができるソフトウエアを開発、2007年度にも実用化する。携帯電話を読み取り機にかざせば携帯内のICチップが個人を識別し、社員証や鍵の代わりになる。導入企業はこれら機能を担ってきたICカードを発行する手間と費用が不要になり、利便性も高まる。携帯電話は買い物決済や乗車券に個人認証が加わり、一段と多機能化が進む。

 新ソフトはIT(情報技術)関連105社でつくる団体「SSFC」が中心になって開発し、これから実証実験に取り組む。リコーやキヤノンなども加盟するSSFCは、ICカードでセキュリティーを管理する統一規格の普及を目指している。参加企業はICカード、読み取り機、同機を内蔵したOA機器を販売しており、新機能は既存の読み取り機で対応できる。同機の単体の価格はおおむね数万―10万円。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 08:16| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。