2006年09月12日

地上デジタルをネットで配信


 インターネット技術の進歩や映像などの大容量通信が可能なブロードバンド回線の普及に伴い、放送をインターネットで流すことが現実味を帯びてきました。しかし、著作権や放送法などの壁が大きく立ちはだかっており、放送局からネットを利用して、現状のテレビのような方法での放送が進んでいない状況です。そこで総務省が中心になり、地デジの過疎地域への対応を意識しネットでの放送の仕組みを決めたようです。


■地上デジタルをネットで配信――06年末にも開始(日本経済新聞、2006.9.12、1面)

 光ファイバーなど高速インターネットを使ってパソコンなどに地上デジタル放送のテレビ番組を流すネット配信が今年末にも始まる見通しとなった。総務省がNHKやフジテレビジョン、NTTなどと協議会を設け、ネット配信の際に必要な視聴者の認証方法などの統一規格を決めることになったためだ。デジタル放送と高速ネットを組み合わせることで、視聴者は地上デジタル放送の番組を見ながらネットを使ってテレビショッピングなどが簡単に利用できるようになる。

 現在、パソコンで見ることができるのはアナログ放送が中心。専用機器とアンテナがあればデジタル放送も視聴できるが、ネット配信はしていない。ネットを通じた番組配信としては、有線放送大手のUSENが運営する無料動画配信サービス「GyaO(ギャオ)」のようにネットで番組を提供するサービスがあるが、スポーツの録画や映画など見たい番組を選んで視聴する方式。これに対し、ネット配信はまず従来のテレビ番組と同じように放送局が作製した番組を流し、放送波と同じ時間に同じ番組を視聴できる。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:11| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。