2006年09月10日

若者の仕事選び、ネットで支援


 最近就職活動をする学生は、インターネットで希望の企業を調べたり、会社説明会の申し込みをおこなったりすることが当たり前になってきたようです。

 もう一つの傾向として、若者の間で働くことの意義を見いだせず(私に言わせれば甘えているとしか見えないですが)フリーターやニートが増えたり、就職しても1年以内に会社を辞めたりといった現象が多くあるようです。

 そこで、インターネットを利用し「どんな職業があるのか、仕事の内容・必用な能力はどうか、といった情報を提供することで若者の就職への意識を変えていこうと言う試みがスタートしたようです。


■若者の仕事選び、ネットで支援・500職種紹介データベース

 どんな職業が自分にふさわしいのかよく分からない――。こんな若者に職業選択のための情報をインターネットで無料提供する事業を独立行政法人の労働政策研究・研修機構が始めた。

 看護師や客室乗務員など500職種の仕事内容や給与、求められる能力などを紹介し、定職を見つけやすくしてフリーター・ニート化を防ぐ。


続きを読む


ラベル:ネット社会
posted by ネット社会の水先案内人 at 19:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。