2006年09月08日

米アマゾン、動画配信に進出


 今日は日本経済新聞の夕刊(2006.9.8、3面)からです。
ロングテール・ビジネスの代表企業、アマゾンがアメリカで動画配信を有料で始めるようです。動画配信を行う事業者は参入障壁が低いせいか、いろいろな業種から参入してきています。

 誰が勝者になるのか?決め手になるものは?
 分かるのは、当面は混沌とした状態が続くこと。ですね。

■映画・TV番組ネット配信に米アマゾンが参入

 米アマゾン・ドット・コムは7日、映画やテレビ番組などの動画をインターネットで配信するサービスを始めた。20世紀フォックスやCBSなど約40の主要映画会社、テレビ局の作品をパソコンや携帯機器に取り込んで視聴できる。ネット小売り最大手である同社の参入で動画配信の普及に弾みがつきそうだ。

 新サービス「アマゾン・アンボックス」は数千作品を提供。映画は新作か過去の作品かなどで価格に差があり一本7.99―14.99ドル、テレビ番組は一話1.99ドルで配信する。映画は3.99ドル払えば一定期間だけ視聴できるサービスも用意した。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:29| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。