2006年09月11日

情報セキュリティと躾


 今日は新聞休刊日ですので、日頃感じている個人的な意見を書きます。

最近、情報セキュリティに関わることが多くなってきています。

企業にとっての大切な情報や個人情報をきっちりと管理しよう。
また最近ではITを利用が当たり前になってきていますので、これら大切な情報がデジタル化されると人からは目に見えない状態になることから、大切な情報を守るためのルールや仕組みをきっちりとしよう。

簡単にいうと、このような管理が情報セキュリティといえます。

不思議なことに、情報技術が進歩したことで、逆に人間が重要になっています。
それは情報セキュリティの本質は人間にあるからではないでしょうか。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

若者の仕事選び、ネットで支援


 最近就職活動をする学生は、インターネットで希望の企業を調べたり、会社説明会の申し込みをおこなったりすることが当たり前になってきたようです。

 もう一つの傾向として、若者の間で働くことの意義を見いだせず(私に言わせれば甘えているとしか見えないですが)フリーターやニートが増えたり、就職しても1年以内に会社を辞めたりといった現象が多くあるようです。

 そこで、インターネットを利用し「どんな職業があるのか、仕事の内容・必用な能力はどうか、といった情報を提供することで若者の就職への意識を変えていこうと言う試みがスタートしたようです。


■若者の仕事選び、ネットで支援・500職種紹介データベース

 どんな職業が自分にふさわしいのかよく分からない――。こんな若者に職業選択のための情報をインターネットで無料提供する事業を独立行政法人の労働政策研究・研修機構が始めた。

 看護師や客室乗務員など500職種の仕事内容や給与、求められる能力などを紹介し、定職を見つけやすくしてフリーター・ニート化を防ぐ。


続きを読む
ラベル:ネット社会
posted by ネット社会の水先案内人 at 19:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

ネットショップの新しい形態ドロップシッピング−3


 少し間が空きましたがドロップシッピングの続きです。

今回はドロップシッピングを行う上での注意点(デメリット)について少し書きます。

 一般的にビジネスの世界では、「 リスクが高ければ高いほど儲けは増え、 低ければ低いほど儲けは減る」といわれています。 つまり自分で店を持ち商売をするとリスクは高いが旨くいけば儲けが多い。一方、アフェリエイトではリクスはほとんど無いかわりに、儲けるのは結構大変、 といえます。 ドロップシッピングはどうかというとこの中間に存在するのです。店を開くほどではないけれどもそれなりの準備が必要ですし、商品販売という面では責任を持つこととなります。

ということで、小売と比較しての注意点、 アフェリエイトと比較しての注意点(デメリットと言い換えてもいいかも)を考えてみましょう。
続きを読む
ラベル:ネット社会
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

米アマゾン、動画配信に進出


 今日は日本経済新聞の夕刊(2006.9.8、3面)からです。
ロングテール・ビジネスの代表企業、アマゾンがアメリカで動画配信を有料で始めるようです。動画配信を行う事業者は参入障壁が低いせいか、いろいろな業種から参入してきています。

 誰が勝者になるのか?決め手になるものは?
 分かるのは、当面は混沌とした状態が続くこと。ですね。

■映画・TV番組ネット配信に米アマゾンが参入

 米アマゾン・ドット・コムは7日、映画やテレビ番組などの動画をインターネットで配信するサービスを始めた。20世紀フォックスやCBSなど約40の主要映画会社、テレビ局の作品をパソコンや携帯機器に取り込んで視聴できる。ネット小売り最大手である同社の参入で動画配信の普及に弾みがつきそうだ。

 新サービス「アマゾン・アンボックス」は数千作品を提供。映画は新作か過去の作品かなどで価格に差があり一本7.99―14.99ドル、テレビ番組は一話1.99ドルで配信する。映画は3.99ドル払えば一定期間だけ視聴できるサービスも用意した。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:29| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

USJ、携帯で優先入場できる予約システム

今日(2006.9.7)もNIKKEI-NETからの話題です。

 あのTDLも入場者数が少し減少するなど、テーマパークビジネスは難しい状況にあるようです。イオンモールのように、ショッピングモールもアミューズメント的な要素を少し取り入れ、単にショッピングだけでなく、遊びの場としても機能してきていることも、人の流れに多少影響しているのかも知れません。

 それより、景気が上向いてきたことで国内より海外に人の流れがシフトしているのかも知れません。そんなかユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、携帯チケットを利用した新しいサービスを始めるとのことです。

■USJ、携帯で優先入場できる予約システムを開発

 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を運営するユー・エス・ジェイ(USJ、大阪市)はNECと共同で、携帯電話を利用したアトラクションの優先入場システムを開発する。短い待ち時間でアトラクションに入場できる優先チケットをインターネットで事前に購入。当日は入り口の端末に携帯をかざすだけで入場できる。年内の稼働を目指す。

 新システム「ユニバーサル・エクスプレス・パス・モバイル」は電子マネー機能付き電話が対象。NECが運営する電子マネー対応携帯電話向けサービス「トクトクポケット」とUSJのファンクラブに登録し、USJの公式サイトでチケットを購入。アトラクションの優先パス専用入り口で専用の端末に携帯をかざして入場する。USJの入場券は別途必要。


 UFJファンクラブ会員がネットでアトラクションのチケットをあらかじめ購入しておくと、当日携帯をかざして優待用入口から入場するとアトラクションの待ち時間が短くなる。


とのことです。

続きを読む
ラベル:ネット社会
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:30| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

ヤフー、簡易ソフト「ウィジェット」日本語版を無償公開


 今日は、紀子様に男のお子様が誕生という非常におめでたいニュースがありました。
やはり新しい命が生まれることは素晴らしいことと改めて感じます。少子化の流れがすこしでも改善するきっかけになると嬉しいですね。

 さて、今日は少し古いですがヤフーの新しいサービスを紹介します。
パソコンのディスクトップ画面に貼り付ける便利ツール類が無償で利用できるそうです。当然、検索キーワードを入力してサイト検索をすることもできるようです。

 記事はNIKKEI-NETからの引用です。

■ヤフー、簡易ソフト「ウィジェット」日本語版を無償公開

 ヤフーは4日、時計、地図などの簡易ソフトを配布する「ヤフー!ウィジェット」の日本語版サービスを始めたと発表した。ヤフーのサービスと連携したソフトを無償で提供して、サイトの集客につなげる狙い。

 開始当初は、ヤフーが作成した「検索」「ノートパッド」「メールチェッカー」「カレンダー」など10のソフトと、外部の技術者が作成した十のソフトを公開した。例えば、検索のウィジェットを導入すると、パソコンの画面上にヤフーの検索語入力欄が常に表示され、ヤフーの検索機能をすぐ使えるようになる。利用するにはヤフーへの無料会員登録と、ウィジェットを動作させるためのソフト「ヤフー!ウィジェットエンジン」を入れる必要がある。

とあります。

 グーグルとページビューを競っているヤフーですが、日本国内ではヤフーがまだ多くのアクセス数を集めているようです。顧客をつなぎ止める策としての期待が大きいように思います。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:22| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

携帯電話に装着しICタグを読み取り


 この記事は日本経済新聞には掲載されていませんでしたので、地元の静岡新聞からの記事です。

 携帯電話がビジネスを行う上でも、生活をする上でも「なくてはならないもの」になったようです。携帯の性能がどんどん向上するので、パソコンを持ち歩くより便利になる世界は直ぐそこに来ているのかも知れないですね。

■ICタグ読み取り端末、KDDIが開発。(静岡新聞、2006.9.5、6面)

 KDDIは4日、携帯電話に装着してICタグを読み取ることができる端末を開発、今秋に発売する。当面は企業向けに出荷するが、将来的には携帯電話に内蔵することを検討、より使いやすくして個人の利用を目指す。

 商品や出荷に関する情報を記憶するICタグの食品への添付が本格化すれば、業務の効率化や消費者へのきめ細かな情報提供が可能になる。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:38| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ICタグ(RFID) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

米デズニー、TVアニメ携帯に配信


 本日(2006.9.4)の日本経済新聞の朝刊からは、携帯向けの動画配信の話題とアマゾンがアフリエイトの変形のような新たなサービスを始めるという記事がありましたのでこれを取り上げます。


■米ディズニー、TVアニメ携帯配信・まず日本で(11面)

米ウォルト・ディズニーは4日、日本で携帯電話向けにテレビのアニメ番組のインターネット配信サービスを始める。NTTドコモの第3世代携帯電話向け。国内での動画配信は3分程度のものが中心で、テレビ番組をそのまま配信するのは珍しい。人気の高いソフトを多数保有するディズニーが取り組むことで放送と通信の垣根を越えた試みが加速しそうだ。

 ディズニーの日本法人、ウォルト・ディズニー・ジャパンのテレビ部門とインターネット部門が共同で携帯サイトを開設する。携帯サイトの集客力を高めるため、ディズニーとして世界で初めてテレビ放送しているアニメ番組をそのまま携帯向けに配信する。「キム・ポッシブル」、「リロ アンド スティッチ ザ・シリーズ」、「ディズニークラシック短編集」など人気の3作品28話で、1話の長さは最大20分。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:09| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

ICタグ、遠距離型を解禁


 日本経済新聞(2006.9.3)朝刊から興味のある記事二つを少し紹介します。

■ICタグ、遠距離型を解禁。総務省、年内に国内で認める。(1面)

 総務省は百メートル以上離れていてもデータを読み書きできるICタグの利用を、年内に認める方針だ。現在普及しているICタグは数十センチ程度の範囲でしかやり取りができない。

遠距離型は主にコンテナの輸出入管理に使うことを想定している。

利用を解禁する方針のICタグは電池を内臓して強い電波を発信する「アクティブタグ」と呼ばれ、米国と同じ433メガヘルツの周波数を利用する。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ICタグ(RFID) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットショップの新しい形態ドロップシッピング−2

今日はドロップシッピングについて
 アフリエイトとの違いについて書いてみたいと思います。

■アフリエイトとドロップシッピングの違い

アフェリエイトは、自分がオススメする商品を紹介し、 自分のサイト経由で商品が売れた場合に、売り上げの一部を手数料の形でもらえるというものです。

 有名な例ではamazonなどがあります。感動した本の書評をブログなどで紹介し、あなたの記事がきっかけでその本が売れた場合、数%程度の手数料が、amazonからあなたに支払われることとなります。

このように、あなたのサイトは、販売している店(ここではamazon)に対して 人を流している(広告行為)こととなり、あくまでもあなたが売っているわけではないのです。


では、ドロップシッピングは、アフェリエイトとは根本的に どの点で違うのでしょうか。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 13:55| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

ネットショップの新しい形態ドロップシッピング

 今日は新聞ネタでなく最近話題になりかけている、「ドロップシッピング」について少し書いてみたいと思います。

■ドロップシッピングって何?

 ドロップシッピングの意味を一言で説明すると 「商品を持っていなくても、その商品を自由に売れる仕組み」ということができます。 Web2.0的なネットショッピングの運営スタイルと言えるのかも知れません。

「お客様」と「売り手(あなた)」と「メーカー(または卸)」の3者がいるとすると、あなたがブログやホームページでお客様から注文をもらいます。そしてその注文をメーカーに連絡すると、その業者が直接商品をお客様に届けてくれ、決済なども行ってくれます。
 つまり注文さえ入れば、あとはメーカーが直接商品を発送してくれることになります。 これってとても便利ですよね。なぜなら、あなたは在庫を持つ必要がないからです。
しかもポイントは、メーカーからの品物は「あなたのサイト名義」で送られる、というところです。 つまり、お客さんからしてみれば「あなたから購入している」と思うわけです。 ですから、当然販売という面でそれなりの責任を負うことになります。

 ですからお客様への売値は売り手であるあなたが決めることになり、仕入れ値と売値の差額があなたの儲けとなります。

 アフリエイトとの違い、
 ドロップシッピングでのメリット・デメリット 
 については、次回で

参考:

 ドロップシッピングを扱うサイト例
  エコセック http://www.ecosec.jp/
  電脳卸  http://ds.d-064.com/top.do
  Web卸問屋.com  http://www.web-oroshitonya.com/

 などがあります。
posted by ネット社会の水先案内人 at 16:39| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

衛星データ使い最適な漁場予測

 日本経済新聞(2006.9.1)13面から

■富士通、北大など、衛星データを使い最適な漁場予測

 上記に加え全部で4者が有限責任事業組合(LLP)を設立し、全国の漁業関係者に漁場予測などの情報提供サービスを始める。

 人工衛星のデータを活用して魚が多くいそうな海域を推定。漁船の漁場への移動をスムーズにし燃費を削減するほか漁獲高の増加にも役立つと見ている。

 アメリカNASAの人工衛星から日本周辺海域の海水温、植物プランクトンの分布状況などのデータを入手し、過去の漁獲実績などを参考に魚種に最適な漁場を予測しこの情報を提供する。


とあります。

 いくつかの技術が組み合わさって、このようなサービスが実現したといえそうです。
それにしても、遙か上空の衛星から、海水温や植物プランクトンの分布状況がわかるとは。実際は赤外線カメラを通して見えた色の微妙な変化を元に分析しているのでしょうね。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:34| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログをリニューアルします

9月になったこともあり、デザインを替え気分を変えてみたいと思います。
記事の投稿方法も変えて行ければと考えています。
ちなみに、今回の投稿は449日目(449回目)の投稿となります。
昨日時点で、累計123,701人の方に来ていただき、371,995ページを閲覧していただきました。いままでこのブログに来ていただいた皆様に心から感謝したいと思います。

飽きっぽい自分がここまで続けられているのは、自分で言うのはなんですが不思議な気がしています。しかし情報を貯めてきたことで、ネットに関する動きを調べるとき調べやすくなっているのは事実です。

 今までは新聞記事をメインにした形でしたが、事象にもっとフォーカスした内容にして行ければと考えています。
 どんなブログに変化していくか分かりませんが、ご意見等頂戴できれば幸いです。

 引き続きご支援をお願いします。
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。