2006年08月31日

研究データの改ざんを防ぐ


 ITを利用することで、入力された情報が一般的にはデジタルデータとして管理されるため、コピーが容易になったり、何回コピーしても品質が落ちない、データ量がコンパクトな媒体に格納できてしまう、といった非常に優れた特徴を持っています。

 しかし、データを入力した人と時間や入力された内容を完全に保証しようとすると、データを修正しても修正したところが分かりにくいなどかえって難しくなります。

 どうしても文書を作成した人を特定したい場合に役に立つ仕組みが開発されたそうです。

記事(日本経済新聞、2006.8.31、15面)には

 日立製作所は、紙に手書きで書き込んだ内容をそのままパソコンに保存するシステムを開発した。
いつ誰が何を書いたかを簡単に記録できる。特許出願時の証拠作りに役立つほか、研究データの改ざんを防ぐのに有効。研究所や官公庁、金融機関などからの受注を目指す。

 新システムは手書き文書を電子保存するスウェーデン・アノト社の技術と、誰が書いた文章かを証明する電子署名技術を組み合わせた。



続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:42| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。