2006年08月29日

SB、韓国企業と市民参加型ネット媒体発刊

 私が予想していた毎が遂に現実になってきたようです。

一般市民が、身近で起きた事柄などをニュース記事として投稿できるとのことです。
今まではブログなどを利用して気ままに書いていた記事が、ニュース記事として扱われるのですから少し意味合いが違ってくるように思います。

さらに、このように一般市民が記事を投稿するようになると、一つの事柄を違った視点で何人も投稿するということも考えられるので、より真実に近いものが見えてくるようにも思います。

今のマスコミ報道を見ていると同じ目つきでしか物事を捉えていないように思えますが、そういった弊害も少しは緩和されるようになるかも知れません。

何故なら、市民記者の視点が支持されるようになれば、マスコミとの間で良い意味での競争環境が生まれることになると思われますので、上っ面だけを見て批判するような記事は無くなってくるように思います。


記事(日本経済新聞、2006.8.29、15面)には

  ソフトバンクと韓国オーマイニュース社が共同出資で3月に設立したオーマイニュース・インターナショナル(東京・港、呉連鎬=オ・ヨンホ=社長)は28日、公募した市民が記者となって記事を書くネット報道メディア「オーマイニュース(日本版)」をネット上で発刊した。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。