2006年08月28日

業務用書類のネット印刷、自社顧客に無料で。


 多機能複写機を販売するメーカーが、インターネット上で自社の複写機に適したPOPや名刺などのひな形を用意し、記述内容を変更することで簡単にこれらの図表や資料が簡単に作れるそうです。、

 自社の製品の機能や性能、保守性などを優位点とするメーカーが多い中で、社内で比較的必要になる印刷物をデザイン性の優れた形で作成でき、しかも無料となればお得なサービスと言えるかも知れないですね。

 機械そのもの機能ではなく、その機械を利用する場面で便利になると言うサービスを提供することで機械の販売を増やそうという、面白い発想といえます。

記事(日本経済新聞、2006.8.28、9面)には

 シャープは自社の多機能複写機(複合機)を使う顧客向けにPOP(店頭販促)や名刺、定型書類など、仕事で使う文書類をインターネットを通じて印刷できるサービスを9月1日に始める。通常は有料のデザインコンテンツを無料で提供する。複合機ユーザー拡大の起爆剤とし、リコーなど上位3社を追撃する。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。