2006年08月27日

JTBとNTTデータ、健康管理支援事業で提携


 今日は昨日の新聞ネタからです。
 社員の病気は、効率経営でスリム化した組織にとって大きなリスクになるのかも知れない。また病気のせいで業務効率や顧客満足が落ちるとしたら、経営者からみれば大きな問題かも知れないですよね。

 そう考えると、社員の健康管理に会社も関わる必要があるのかも知れないですね。
きっかけは医療制度改革法かも知れませんが、病気にならないように健康管理を行ったほうが、健康を損ねることにより発生する損失よりもコストが抑えられるのかも知れないですね。

記事(日本経済新聞、2006.8.26、11面)には

 JTBとNTTデータは企業向けの健康管理支援事業で提携する。生活習慣病の予防策などを従業員に提案するJTBのサービスと、健康診断結果を一括して電子管理するNTTデータのシステムを10月から共同で展開する。
医療制度改革法が6月に成立し、従業員(被保険者)や家族への健康診断や保健指導が義務付けられるのを受け、需要開拓を連携して進める。2006年度中に従業員数1000人以上の企業と30件(人数換算で3万人)以上の契約を目指す。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。