2006年08月26日

歩行者検知し衝突を回避する車


 トヨタは「交通事故死傷者ゼロの実現」に貢献するため「サステイナブル・モビリティ」の実現に取り組んでいるようです。そのために「より安全な車両・技術開発」はもとより「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化していく考えのようです。

 そこで、思うように販売が伸びていない「レクサス」の最新車種「LS460」に最新の衝突回避システムを搭載するとのことです。

 車が搭乗者と歩行者双方の人間の安全を守ってくれるようです。

記事(日本経済新聞、2006.8.26、9面)には

 トヨタ自動車は25日、最新の衝突回避システムなどの安全技術を9月に発売する高級車ブランド「レクサス」の旗艦車種に搭載すると発表した。
物体を検知するレーダーなどを改良。歩行者や後方から接近する車両との衝突を防ぎ、事故の被害を和らげるシステムを開発した。

最新システムによる高い安全性能を訴えて、商品の魅力を高める戦略だ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 06:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。