2006年08月25日

ドコモやJCB、携帯クレジットの端末共通化


 携帯電話の第三世代への移行が順調に進んでいるようで、おサイフケータイ機能を搭載した機種が増えているようです。(ドコモだけでも1200万台が出荷されているようです)
 一方携帯電話を利用したクレジット決済機能には現時点で3種類の方式があります。利用者の混乱を避ける意味からも仕様の統一が望まれるところでしたが、当面は読み取り端末を工夫することで対応するようです。

記事(日本経済新聞、2006.8.25、1面)には

 NTTドコモ、三井住友カード、ジェーシービー(JCB)、トヨタファイナンスの4社は、携帯電話をかざして買い物する「携帯クレジット」の共通読み取り端末を開発し、11月にも設置を始めることで合意した。

2007年3月末までに5万―10万台の設置をめざす。携帯クレジットは規格がばらばらで利用者にわかりづらかった。共通端末の登場により普及に弾みがつきそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。