2006年08月21日

SNSと連動し、テレビの新情報番組を制作


 昨日、15回の死闘で再試合になった今年の高校野球、早稲田実業の初優勝で決着がつきましたね。惜しくも3連覇ならなかった駒大苫小牧の健闘も光りました。真夏の昼間での連戦本当にお疲れ様でした。今年は例年になく、ドラマチックな試合が多かったですよね。

 さて、放送と通信の融合というと、番組のネットでの配信が主でしたがTBSは番組やドラマ作りにネットを活用し視聴者の意見などを役立てるとのことです。

記事(日本経済新聞、2006.8.21、11面)には

 TBSは放送番組とインターネットとの連携を加速する。10月からソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と連動した新情報番組を放送、来年のドラマではネットでの意見を脚本に反映させる。
放送と通信の融合はこれまで番組のネット配信や番組でのメール紹介が先行したが、TBSは番組作りまで踏み込み、視聴率改善と収益向上を目指す。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。