2006年08月20日

ソフトバンク、携帯電話でSNS・今秋から


 ネット利用の新しい潮流を表す言葉として「web2.0」がありますが、最近よく目や耳にすることが多くなりましたよね。

 このweb2.0の一つに個人がネットで相互交流することによる社会全体への影響が挙げられています。この個人の情報交流に役立っている仕組みがブログとSNSといわれ、利用者も急増しています。

 日本ではmixi(ミクシイ)というSNSサイトが一番多くの会員を持っていて、近々このmixiを運営している会社が株式公開を行う予定とのことですし、ヤフーもプレミアム会員の囲い込みも兼ねてSNSの試験運用を始めています。

しかしこれまでのSNSは、どちらかというとパソコンでの利用を意識した形になっていましたが、ソフトバンクは今秋から始まる携帯電話のポータビリティに備えた戦略として携帯電話用のSNSを始めるようです。

記事(日本経済新聞、2006.8.20、1面)には

 ソフトバンク傘下のボーダフォンは今秋、携帯電話でSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を始める。

SNSは会員制のネット交流サービスとしてパソコン利用者の間で人気が高まっているが、携帯電話会社が提供するのは初めて。

10月に番号を変えずに携帯電話会社を替えられる「番号継続制度(ナンバーポータビリティー)」が始まるのをにらみ、独自サービスを充実して新規顧客獲得や既存顧客引き留めにつなげる。



続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 09:40| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。