2006年08月19日

新薬の電子申請加速。中外、作成を効率化。

 今年早々に公開されたe−Japnに続く「IT新改革戦略」でも電子申請の普及が重要な戦略の一つとして位置づけられています。

 電子申請の仕組みとしては現時点でも数多くの申請で実現されていますが、一部紙の書類が残っていたり、申請先の省庁によって電子申請の証明書が異なっていたり、パソコンの設定が難しかったり、思いの外コストが必要だったり、あげくに肝心の使い勝手も悪いということでほとんど普及していないのが現状です。

 しかし、繰り返し電子申請を行う必要がある場合は、業務の効率化やコスト低減に大きな効果が申請する側の企業にもあるようです。


記事(日本経済新聞、2006.8.19、10面)には

 中外製薬はCD―ROMなど電子媒体による医薬品の製造販売承認の申請を加速する。
紙の書類だと作成に半年から1年程度かかっていたが、電子媒体を活用することで期間を数カ月短縮し、業務の効率化を図る。

電子媒体による申請は昨春から可能になったが、今年5月末時点での受付件数は4件で、すべて中外製薬によるもの。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:23| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。