2006年08月18日

ドコモ、iチャンネルの利用者3倍増に


 一頃、パソコン向けに利用者が選択したジャンルのニュースを画面の片隅にテロップで流すサービスがあった。インターネットの回線スピードの向上でニュースコンテンツも画像や動画で提供されるようになったり、セキュリティが強化されてきたことでファイアウォールを通れないなどからか最近はこのようなサービスが無くなっていた。

 ここに来て、ドコモが携帯電話向けに文字情報でのニュースを流すサービスを始めたようです。月額利用料金が手頃なこともあり、利用者数が当初見込みより大幅に増えているとのことです。


記事(日本経済新聞、2006.8.18、11面)には

 NTTドコモは2006年度末までに、携帯電話向け情報配信サービス「iチャネル」の契約者を前年度末の3倍の600万人以上に拡大する計画をまとめた。06年度初め時点では500万人程度まで増やす計画だったが、人気が高いため目標を引き上げる。

ニュースや占い、天気予報などの情報を簡単な操作で入手できる利便性を売り物に、これまでネット接続を使っていなかった携帯利用者を取り込む。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:08| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。