2006年08月16日

携帯・固定電話の一体サービス、NTTに認める


 電話もアナログ(音声を電気信号に変換する)方式から、デジタル(音声を0と1のコードに変換する)方式が主流になりつつあることから、今までは実現できなかったようなサービスが誕生しそうです。

 一つの電話機を持っていれば、家庭内では自宅用の電話機として、外出すれば携帯電話として利用できるサービスとのことです。


記事(日本経済新聞、2006.8.16、1面)には

 総務省は、NTTドコモとNTT東西地域会社が1つの番号を使って固定電話と携帯電話を使い分ける一体通信サービスを提供することを認める方針だ。
ドコモがNTT東西から通信回線を借りて携帯、固定の両サービスを提供するといったことが可能になる。
NTT東西とドコモの連携が市場の独占を招かないよう、他の通信事業者にも公平に通信網を開放することを条件にする。
1社が固定と携帯をまとめてサービスすることで、利用者は料金の割引などが期待できる。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:51| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。