2006年08月10日

高速携帯網、全米で構築

 携帯機器の性能向上や動画などの大容量の情報配信へのニーズの高まりなどから、移動体におけるデータ通信技術にもより高速な通信速度が求められているといえます。

 日本でも総務省がu−Japan計画の中で、ブロードバンド回線なみの高速通信を無線環境でも実現することを目指しています。
アメリカでは、このような動きを先取りするような形で動き出すとのことです。

記事(日本経済新聞、2006.8.10、7面)には

 米携帯大手スプリント・ネクステルは、次世代の無線技術規格「WiMAX(ワイマックス)」を使った携帯端末向けネットワークを全米規模で構築する。

携帯電話などを対象とする「モバイルWiMAX」の商業化計画は米国初という。

現行方式より長距離で安定したデータ通信が可能になる。1億人が利用できるインフラを整備、2008年の本格運用開始を目指す。日本でも実用化に向けた動きが加速しそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:40| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。