2006年08月08日

学生証と携帯電話に共通機能

電気通信事業者協会が発表した7月末の携帯電話契約数は、合計で9千3百万台を大きく超えています。一人で複数台の契約をしている人もいるものの、個人用製品としての普及率は極めて高いのではないでしょうか。 

 まして若い学生なら100%携帯電話を所持しているといえるのでしょう。
経済産業省の補助金を得て九州大学で携帯電話を学生証にするだけでなく、学内、学外でも利用できるようにする試みがスタートするようです。

記事(日本経済新聞、2006.8.8、5面)には

 経済産業省は複数の交通機関や商店の料金決済などで、携帯電話とICカードを同じように使えるサービスの導入を支援する。

第1弾として九州大学の学生証(ICカード)とNTTドコモの決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」に共通の料金決済や入退室管理機能などを持たせる。学生は学生証か携帯電話どちらかを持てば買い物や入退室などが簡単にできるようになる。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:59| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。