2006年07月24日

小学館、電子雑誌に参入


 情報を入手する手段として、インターネットを利用したほうがgoogleなど検索エンジンが高度化したことで便利になってきたのでしょうか。更にPCや携帯電話の高機能化、通信速度の高速化、定額通信料金制などにより、いつでもどこでも必要なときにネットで情報が入手できるようになったからでしょうか。

 このような背景が、電子雑誌という新たなサービスを生み出したのかも知れないですね。

記事(日本経済新聞、2006.7.24、11面)には

 小学館は10月にも電子雑誌出版事業に参入する。
既存雑誌の電子版を制作して定期購読者を募り、紙の雑誌と同一料金、同じ体裁でインターネットで販売する。紙版の店頭販売も続ける。

国内雑誌市場はネットなどの影響で縮小が続いている。既存雑誌の廃刊やネットへの移行が相次いでいるが、小学館はネットで新規読者を掘り起こしながら、既存雑誌の充実を目指す。

 同社は10月にも生活情報系、娯楽系などの月刊誌で電子版をつくる。年内には3誌に拡大する。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。