2006年07月23日

ネット時代のコンテンツ市場は

 インターネットの進展や通信速度の高速化は、音楽や映画といったコンテンツの配信に自由度をもたらしたといえそうです。最近特にこのようなコンテンツの配信をサービスの軸としたビジネスが次々と誕生しているようにも感じます。

 ウォルトディズニーにおけるネット配信ビジネスについてボブ・アイガーCEOのインタビュー記事がありました。

記事(日本経済新聞、2006.7.23、7面)には

 アップルの音楽ネット配信サービスで、ディズニー傘下のTV局ABCのドラマも配信している。これの業界初のサービスということもあり売上は予想をはるかに超えている。
この成功が、ネットをもっと積極的に経営に生かさねばと社内に浸透させた。

メディア企業の経営は創造力と技術の組み合わせだ。技術の進化や変化に適応し、自ら積極的にビジネスモデルを変える必要がある。米映画界もそれに気づき始めた。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:28| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。