2006年07月15日

スカパーが個人放送局を開設へ

 総務省がBSデジタルで一挙にチャンネル数の増加を促したり、USENなど映像情報をネットで無料配信するサービスが増えたり、更に地上波デジタル放送を携帯でも受信できるワンセグが始まったりと、映像を取り巻く環境は激変しているといえます。

 今まで、放送設備や放送エリアを放送法などで守られリスクの心配のないビジネスを展開してきた放送業界もやっと世間並みに、経営戦略次第で今後の成長が左右されるようになるのではないでしょうか。

 このような映像の世界に、個人も自ら制作した映像をネットで配信(放送)できる
サービスが始まるようです。

記事(日本経済新聞、2006.7.15、12面)には

 スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー)は、個人が自作した映像ソフトをインターネットで配信できる「個人放送局」を開設する。

視聴者への課金が可能で、今秋から試験的に個人放送局を開設し無料配信を始める。

個人の代わりに視聴者から料金を徴収することも検討する。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 11:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。