2006年07月06日

ウイルス被害2.6倍、スパイウェア拡大


 情報処理推進機構(IPA)がコンピュータウイルスや不正サクセスに関する状況を定期的に公表しています。それによると昨年に比べるとウイルスの届け出や不正アクセスによる被害の届け件数は半期単位で見て減少しているようです。ただ不正アクセスの原因にはID、パスワードの管理不備とOSなどの更新漏れが多いようです。
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2006/07outline.html#half

 しかし、トレンドマイクロの調べでは、この上期のウイルス被害件数は昨年の2.6倍になっているとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.7.6)15面)には

 情報セキュリティ大手のトレンドマイクロは、2006年1-6月のコンピュータウイルス感染被害状況をまとめた。同社に報告があった被害件数は42,741件と前年同期比2.6倍に急増。
http://www.trendmicro.com/jp/security/report/report/archive/2006/mvr060705.htm

同社が調査を始めた01年以降、半期ベースで過去最悪となった。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。