2006年07月04日

ネット版ラジオで広告

 iPodの普及などもあり、経済ニュースや英会話といった音声情報を取り込むための仕組みとしても利用されている音声情報をネットで配信するラジオのような「ポッドキャスティング」があります。この仕組みを利用することで、ラジオ番組の一部を切り取り、好きなときにiPodで聞くことができることになり、忙しいビジネスマンに重宝されていると聞きます。

 この「ポッドキャスティング」に広告の挿入を可能にし、番組提供者の収益機会を提供するとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.7.4(17面))には

 アフリエイト(成果報酬型)広告のアドウェイズは、インターネット版ラジオ「ポッドキャスティング」向け広告仲介事業を始める。

広告主は番組の冒頭などに電話番号を音声で流してもらい、視聴者から電話が掛かった場合のみ料金を支払う。

無料配信が主流のポッドキャスティングに広告を付ける仕組みを整え、中小の番組制作会社にも収益機会を提供する。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。