2006年07月02日

電子カルテ、共有容易に


 医療分野ではIT活用がおくれており、e−Japan戦略に続き、今年度からスタートしたIT新改革戦略でも、医療分野でのIT活用は重点戦略のなかでも重要な位置を占めています。

 なかでもカルテを電子化し、病院間で共有できれば無駄な診療や検査の重複を防ぐことができたり、診療結果の蓄積・分析が容易になったり、効率的な医療が促進されたりといった効果が期待されています。

 この7月中から名古屋市で実証事業を行うとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.7.2)1面)には

 経済産業省は治療経過を電子データで記録する「電子カルテ」を複数の病院間で共有するためのシステムづくりに着手する。

医療機関がカルテを共有すると、緊急の際に主治医以外の医師の診察を受ける場合などにも過去の投薬・治療の履歴や検査結果などが分かるようになり、効率的な医療が可能になる。

第一弾として名古屋市の約30の医療機関で実証事業を展開。接続システムを標準化し、全国への普及を目指す。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 11:36| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。