2006年06月27日

システム大手、ICタグの新規格を定める。


 モノを識別する方法として注目されるICタグ。情報量もバーコードに比べれば多く、非接触で、一度に複数のタグを読み取ることが出来、流通の効率化や履歴管理などの利用で注目を集めています。

 しかし、肝心のICタグに持たせるデータのコードが異なっていたり、従来のバーコードが利用されたりで、ICタグの今後の普及を阻害する可能性がありました。そこでバーコードを含めこれら異なるICタグの情報体系でも相互に情報のやり取りできる規格を、システム大手が決めたとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.6.27)11面)には

 NECや富士通などシステム大手5社は、荷物に付けるICタグとバーコードの双方に対応し商品の出荷時期や配送先などの情報を複数の企業間でやり取りできる規格を共同で定めた。

情報量の多いICタグの普及に備えるのが狙い。輸送の過程でICタグの付いた荷物と、バーコードの付いた荷物が混在しても荷物の識別や管理が容易になる。



続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:03| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ICタグ(RFID) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。