2006年06月23日

成熟時代の逆説。「死に筋」が売れ筋。


 最近web2.0という言葉をよく耳にします。この言葉はインターネット利用の新しい潮流を意味する概念的な言葉です。ネットに詳しくない人から見ると、なかなか理解するのが難しい言葉でもあります。

 しかし、ネットを利用してビジネスをしている人から見ると、今後の事業の方向性を考える上で重要な概念です。このweb2.0を象徴する出来事に「ロングテール」という言葉があります。ネットの世界では、少量しか売れない商品にも目を向けることが必要なようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.23)1面:消費をつかむ、第2部成熟時代の逆説)には

 都会に住む2-30代の女性を狙った車、アイ。当初の販売目標をクリアしたが、購入層の7割が男性。また63%が40歳以上だ。アイの開発には3年、通常の倍以上のアンケート調査を重ねるなど綿密なマーケティングをした。狙った顧客にはメッセージが届かず、想像もしないところに消費者がいた。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:52| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。