2006年06月20日

メール洪水、伝わるはずが伝わらない


 手軽にコミュニケーションが取れるツールとして、電子メールがビジネスの世界でも、プライベートでも広く利用されるようになり、いまやなくてはならない状態になってきているように思います。

 電子メールが一般化してきたことで、逆に正しく伝わらないことが起きているようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.20)1面)には

■ネットと文明:第5部カイシャ変容 「メール洪水」

 社内の業務連絡に電子メールを全面的に採用した企業で、重要なメールを見逃しお客に迷惑を掛けそうになったトラブルが起き、改善策として必要な資料を各自が検索するように変更したそうだ。

 企業内ネットやメール網の整備で「社内の情報共有は十分」と胸を張る経営者をよそに、過大な盲点がつきまとう。三菱総研の調査では、8割が「十分共有できていない」とのこと。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:08| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。