2006年06月18日

便利さの裏で、社員の監視を強化


 インターネットは様々な利便性を我々の生活にもたらした。しかし一方で、安全・安心を得るために不自由さをもたらしています。

 このことは、ちょっとしたミスが情報漏洩といった社会的問題に直結することにつながり、ビジネスの効率化・迅速化に役立つ社員のインターネット利用を常時監視しなければならないという矛盾に企業は直面しているようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.18)1面)には

■ネットと文明:第5部カイシャ変容 社員監視隊
 7月ヤフーには「社員監視隊」が誕生する。専任のチームで全社員のメールの送受信やネットサイトの閲覧履歴、パソコンのの操作履歴などを全て把握する。
リスクを考えれば「性悪説で考えて社員を監視するのはやむを得ない」と井上社長。

 ソフトバンクの顧客情報流出事件にからむ訴訟では、一人六千円の損害賠償を裁判所は命じた。ヤフーの会員は約千六百万人。今後事件が起きれば負担が膨らむだけでなく、信用も地に落ちる。自由な社風は損ないたくない、井上社長は社員に「監視する」と事前に告げた。

 自由なはずが窮屈、便利なはずが不便・・・・・。ネットの利用は社員の情報力を高め、生産性の向上に貢献する。半面不正の温床にもなり、監視や管理の強化となってしっぺ返しが来る。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。