2006年06月15日

システム関連企業が共同でパソコンの安全性向上へ


 コンピュータウイルスやスパイウェアなどが、本来便利で快適なネット利用を脅かしています。他人事と思って正しい対処をしていないと、知らないうちに大切な情報を破壊されたり、外部に流出したりといった被害に遭遇することとなります。

 それでは、きっちりと対応していれば絶対安全かというと、必ずしもそうは言い切れません。何故なら、これら脅威への対策はウイルスが現れて初めて回避ワクチンを作成するという仕組みのため、現実には後追い対策にならざるをえないからです。

 もしかすると、このような心配事が軽減されるようになるかも知れません。

記事(日本経済新聞(2006.6.15)13面)には

 日立製作所、富士通、NECなど情報システム関連企業が共同で、ハッカーやウイルスからパソコンを守る新技術など、システムの安全性や信頼性向上を狙った研究開発に乗り出す。

 このほど13社・団体で構成する企業連合「セキュアIT基盤開発推進コンソーシアム」を発足。政府が推進する行動計画「セキュアジャパン2006」と連携し、新たに開発するシステム基盤ソフトなどの利用を促す。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:58| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。