2006年06月04日

ネットで「禁煙」を指導・助言


 今日(2006.6.4)は日曜日でネット社会ネタが少なかったので、日本経済新聞・朝刊11面の医療面から話題を取り上げます。

 5月31日は「世界禁煙デー」だったとのことで、禁煙推進にネットを利用しているという話題です。(以下記事の要約)

 日本は先進国有数の「喫煙大国」と言われている。
奈良女子大の高橋裕子教授は「たばこをやめられないのは病気」という視点から、10年以上にわたって禁煙指導の先頭に立ち、多くの愛煙家を救ったことから「禁煙の女神」とも呼ばれる。

 1997年からはインターネットを利用した禁煙支援システム「禁煙マラソン」を主宰し、これまで約6千人が参加し、6割強の3千数百人の禁煙を手助けした。

 禁煙に成功した先達が24時間体制でアドバイスする独自の仕組みがミソ。

先月には、禁煙に関する知識や情報をメールで募る「禁煙トリビア」を、全国の医学生とともに始め、先月下旬に発足した「日本禁煙科学会」では、発起人副代表を務めるなど高橋教授の活躍の場は広がっている。

 「禁煙で人はもっと幸せになれる。一人でも多くの喫煙者にそれを分かって欲しい」と女神は優しく微笑んだ。


とある。

 たばこが体に良くないことは分かっていても、なかなかやめることが出来ないのがたばこといえます。おそらく多くの人が何度も禁煙に挑戦した経験があるのではないでしょうか。

 わたしも、二十数年の喫煙生活にきっぱりと決別し、禁煙してからはや8年が過ぎました。今振り返るとやめる禁煙することができて良かったとつくづく思っています。

 わたしの場合、何回か禁煙の挫折を繰り返したあげくに、やっとやめることが出来たので良かったですが、それでもしばらく夢の中ではたばこを吸っていました。

 その当時、この禁煙マラソンのことを知っていたら、もっと早くに禁煙できたように思います。ネットなどで仲間を作ったり、くじけそうになったときに励ましたり、時には高橋教授のような専門医の指導を受けられるという環境が作れることが素晴らしいことだと思います。

 このような、ネットの良い面が他の分野でもどんどん広がることで暖かな世界が実現して欲しいものです。

参考:
禁煙マラソンのサイト
http://kinen-marathon.jp/
奈良女子大保健管理センター、禁煙トリビア募集
http://www.nara-wu.ac.jp/hoken/


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:31| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。