2006年06月02日

コンセント活用した高速通信に障壁?


 厚労省が発表した昨年の合計特殊出生率が1.25と過去最低を更新したという報道が大きくなされていました。
 ネット社会にどのような影響を及ぼすかを考えると、
一つはネット社会であろうがリアル社会であろうが、商品を購入したりサービスを受ける人が減ることになるので、人口減少はその市場規模を縮小させるでしょう。
次に考えられるのは、ネットの特長を生かし日本だけでなく世界に向けビジネスを展開することで市場が拡大する可能性があります。
最後に、ネットを旨く活用することで業務効率が向上し一人あたりの生産性が向上することで、働き手が減少することの影響を小さく出来る可能性があります。

 つまりネット社会が生み出す市場や生産性の向上が、人の不足をカバーしてくれることに期待感が高まるように思います。
 ネット社会のインフラである高速のブロードバンド回線として光回線が注目され普及が進み始めていますが、すでに各家庭に配線されている電灯線を利用して高速通信をおこなうという技術があり、この方式が利用できれば一気に高速のインターネット回線の普及を後押しすることになると期待されていました。

 しかし、総務省が定めた「雑音レベル」が厳し過ぎるため、電灯線利用の実用化にブレーキが掛かるのではという記事がありました。

記事(日本経済新聞(2006.6.2)15面)には

 家庭の電源コンセントを使い高速インターネットを実現する「電力線通信」の実用化に、新たな問題が浮上してきた。

 総務省の小委員会で「雑音レベル」の設定値が、当初想定よりも厳しくなる可能性が出てきた。今秋の実用化を目指して実証実験してきた通信機器メーカーは困惑している。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:57| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。