2006年05月30日

シニア技術者を開発請負に活用


 団塊世代の大量退職が来年から予想され、2007年問題として取り上げられています。多くの企業は従業員の年齢構成に偏りがあるため、団塊の世代の退職による技能や業務ノウハウの継承にも頭を悩ませているとのことです。

 ところが退職した経験豊富な団塊世代の技術者を活用しようという動きがあるようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.30)15面)には

 人材派遣・教育事業のヒューマンホールディングスはシニア技術者を活用し、製造業の設計・開発業務を請け負う事業を始める。

大手企業などを退職した50-70代の技術者を集め、電機や自動車メーカーなどから受注した仕事を振り分ける。

団塊世代の大量退職が始まる2007年を控え、今後経験豊富なシニア技術者の需要は一層高まると判断した。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。