2006年05月29日

検索履歴を分析した広告の新手法


 広告市場ではラジオ広告が減り、一方でネット広告が急速に拡大し今や規模で逆転したとのことです。

ネット広告は、よりネットでの視聴者を意識した広告でその効果を高める方向にしかしているようです。不特定多数への画一的な広告から、サイトに訪れたコンテンツに関連した広告とへと進化してきた訳ですが、さらに過去のページの閲覧状況から最適な広告を表示するというレベルにしかするとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.5.29)11面)には

 ヤフーやサイバーエージェントなどネット各社が相次いで、利用者のインターネット上での行動を基に、関心を持ちそうな情報を提供する新しい広告手法を採り入れる。

長時間にわたって入力した検索語や見たサイトを記録・分析して消費者の好みを把握する。広告単価の引き上げを狙うが、利用者は「監視されているようだ」と感じる可能性もあり、本格普及には課題もありそうだ。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。