2006年05月26日

携帯で撮るだけで商品の識別が可能に


 商品を識別するにはバーコードがよく利用されています。最近ではICタグといった非接触で複数の商品を一瞬で識別する技術も活用され出しました。

 しかしいずれの方式も商品にあらかじめバーコードを貼り付けたり、そのバーコードを読むための装置と仕組みが必要となります。

 ところが商品の種類を識別するだけなら、その商品の写真を携帯で撮影するだけで認識できる技術が開発されたようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.26)17面)には

 オリンパスはカメラ付き携帯で撮るだけで、特定の商品や作品を見分けることが出来る画像認識技術を開発した。撮影角度が多少ずれ、一部しか写っていなくても、人の目で分かる範囲の識別は可能。

バーコードなどを使わず、携帯電話に商品情報を提供するサービスなどに使え、美術館や観光地だと自動ガイドにも利用できる。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:38| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。