2006年05月25日

参院選、電子投票を一部で解禁へ


 電子投票といえば、岐阜で2003年に行われた市会議員選挙のことが思い出されます。鳴り物入りで始まった地方選の電子投票でしたが、機械の故障などで混乱したこともあり昨年の7月に電子投票を結果的に無効とする裁定が下りました。

詳細は、昨年このブログ投稿を参照ください。
 http://netsyakai.seesaa.net/article/4941454.html 

 これらの問題に対するシステム的な対策が十分に施されたのか気にはなりますが来年予定されている参議院議員選挙で電子投票を解禁するとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.5.25)2面)には

 自民党選挙制度調査会は地方選に限って認めている電子投票について、来夏の参院選で一部導入を解禁する制度改革案をまとめた。電子投票条例を持つ地方自治体が対象。
国政選挙での導入を明言した自治体には補助金を支給し、導入にかかる費用負担を懸念する自治体に配慮する。



続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:40| 静岡 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 行政サービスの電子化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。