2006年05月24日

賃貸不動産、自社サイトへの誘導に出店を加速


 分譲も賃貸も不動産事業においてネットの重要性が一段と増しているようです。
従来ように借り手が、いくつかの不動産屋を巡りいろいろな物件を実際に見て回って決めるというスタイルから、あらかじめネットで物件を絞り込んでから物件を見て回るというスタイルに変わってきているようです。

 そして面白いことに、ネットへのアクセスを増やすためにリアル(実)店舗の拡充が必要とのことで出店を加速する動きがあるとのことです。

記事8日本経済新聞(2006.5.24)15面)には

 賃貸不動産を仲介する大手各社が出店を加速している。エイブルとアパマンショップネットワークは来年中に1千店体制を築く。消費者がインターネットで空室情報を検索してから、仲介店舗に足を運ぶ傾向が加速している。ネットで選んでもらうためには、まず店舗網拡充によって知名度を高めることが重要になってきたためだ。

 エイブルは3月末870店だったが今期130店増やす。通常店舗のほか、高級物件に特化した店舗を麻布などの高級住宅街に出店する。なお、新規出店の8割はFC店としコストを下げる。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:36| 静岡 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。